地震の時に必要なものはコレ!①

最近、台風や地震などの自然災害って本当に多いですよね~。
今は日本だけじゃなくて海外でも・・・。
地球の平均気温や界面温度が上がったみたいだし。
これからどうなるの!?って本当に心配になりますね。

実は私は先日大きな地震の被害に遭いました。
その時に、これがあって本当に良かった、というものがたくさんあったので、紹介していきたいと思います。

先日の地震では、地震の被害と言うか何日も停電になったことで大変な目に遭いました。
なので、停電になった時にあって良かったものを色々紹介します。

まず1つ目は、懐中電灯。
これは絶対に必要です。
懐中電灯がないと本当に何もできないです。
スマホのライトだけが頼りだったって人も多いみたいですね。
懐中電灯は100円ショップでも売っているので、購入しておいたほうが良いと思います。

特にダイソーの懐中電灯はオススメです。
とても明るくて、かなり役立ちました。

そして、懐中電灯だけじゃなくてランタンもあったほうが絶対に良いです。
ランタンは、LEDのランタンが明るくていいと思います。
ランタンがなくて、ロウソクを使っていた人も多いみたいですが、特に地震の時の停電はいつ余震が来るかわからないので、できればロウソクは使わないほうが良いかも。
揺れた時にロウソクが倒れてしまう可能性もあるので、やっぱりランタンを最低1個は用意しておいたほうが良いと思います。

そして、そのランタンを使って、より部屋の中を明るくする方法も紹介します。
ダンボール箱などの中にアルミホイルを敷いて、ランタンを置くと、ランタンの明かりがアルミホイルに反射して、部屋の中がより明るくなります。

もし、停電になった際はお試しあれ。

懐中電灯やランタンを揃えたら、アルカリ乾電池の予備も必要です。
100円ショップでも乾電池は購入できますが、ちょっと高くても100円ショップ以外の乾電池のほうが良さそう。

何故かと言うと、やっぱり100円ショップの乾電池って、しばらく放置しておくと乾電池から液漏れしてしまうんですよね。
私もテレビなどのリモコンに使っていたんですけど、いつの間にか液漏れしていてリモコン自体が使えなくなってしまいました・・・。

そして子供のおもちゃに入れてあった乾電池も、子供がそのおもちゃで遊ばなくなったので何年もそのままにしていて、おもちゃを捨てる時に電池入れを開けてみると液漏れして大変なことになっていました。
やっぱり安物の乾電池ってダメなのかな?って、その時に思いました。

たまたま、そういうことが続いただけかもしれませんが・・・。

 

他にも停電の時に必要なものはありますが、長くなったので続きはまた今度に。